result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

9/12/2014

AP1S2000再販売決定です!

来週のオートバックス桶川で体感可能です。但し、現時点チップが少量しか入手出来ていないためデータが良とすれば数台分しか当日は販売出来ません。色々なルートで入手段取りしていますので当日ご購入頂けない方や遠方でユニットの貸し出し希望のユーザーは少しだけお時間を頂く事になるかも知れませんでご了承下さい。ではAP1のデータを公開します。

まずはチェックサム処理のお話しです。方法は2種類あります。チェックサムの総数を合わすやり方とプログラムでキャンセルする方法です。総数を合わすやり方はデータを変更するたびに合わせるので手間が掛かります。プログラムでキャンセルしてしまえば都度処理をしなくてすみます。


加速増量MAPMAPです。重要なMAPではありますがもっと重要なMAPがあります。


スピードリミッターは4カ所です。データエリアで3カ所。プログラムエリアで1カ所です。データエリアを処理すると最大は255Kmになりプログラムで処理するとリミッターはなくなります。


REVはWARD(16bit)のインテル処理になりX/4でREVの数値が見られます。冷間時REVを含めると6カ所あります。今回は9500rpmの設定です。


V-Tecポイントです。X*50で値は出ます。今回は500rpmダウンです。


燃料MAPです。これもWARD(16bit)のインテル処理です。上がV-Tec前で下がV-Tec後になります。



点火は8bit処理で係数が掛かっています。上がV-Tec前で下がV-Tec後になります。



重要なMAPが無数箇所ありますがそれはノウハウなので公開は勘弁して下さい。当社AP2に引けを取らないデータを作ってお待ちしています。



コメントを投稿