result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

1/16/2018

TOYOTA GRマークX

GRは特別な品番管理がなされ通常であれば89661-22B31-7702等で管理されるのですがGRは89661-22A40という部番一つになります。問題は通常のマークXやモデリスタのS/Cを含めベース基板やMPUは共通なのですがチェックサムの処理が異なり差別化がされています。故にメーカー系のチューニングメーカーはこの情報がメーカーから提供されていないため当社みたいに独自で解析しているところでないとチューニングECUとして製作できません。
データについてはM/T仕様と言うこともありDBWのMAPはほぼ作り替えになります。それに併せ要求トルクMAPもアクセに対しリニアにトルクが追従するように作り替えを行います。エンストしない、ギアチェンジ時のトルクダウンによるクラッチを切ったときの「がくっ」がなくなり1-3-5シフトや2-4-6が低速低負荷で行えるようになる。当然中域、高回転域もREVまでしっかりパワーが付いてくる。ちゃんとデータ作りが出来ればニッサンのV6NAや輸入車のV6に決して引けをとらない仕上がりになります。この車輌が生産中止になったのはユニットが出来るようになったからこそ思うのですが凄く残念です。
92系のM3までは手が届かないし維持費も考慮しなければと考えるのであればGRマークXはIS-Fの次に購入の対象になると思います。
2GR-FSEエンジンもECUチューニングで覚醒しますよ。
ここでクイズです!(と言うほどでもないですが・・)スピードリミッタの値を436Kmにデータ変更を行っています。何故436Kmという数値なのでしょう?

1/12/2018

TOYOTAGRプリウス

既存プリウスとパF-マンスに差があるの?調べてみました。まずはVVT-iのデータですが全く違いはありません。データも環境性能(ハイブリッドですから仕方ないですが)方向で大きく変更すれば燃費向上や高回転でのパフォーマンスアップは狙えます。




次に基本点火MAPですがこれも全く変更無しです。点火時期気は基本とリクエスト点火というMAP構成ですがこれも全く変化ありません。


要求トルクMAP(乗り味)も同じです。エンジン側だけで見ればコマーシャルのようなドリフトイメージから想像できるパフォーマンスアップがG'z仕様にあるとは思えません。


GRはあくまでもデザインブランドとして購入すると言うことがデータで判断できます。GRは格好いいのは間違いないです。





1/07/2018

新年のご挨拶

旧年中は皆様にご指示いただき有り難う御座いました。。本年も新車種の開発をはじめ新製品の開発に努めますのでご支援頂ければ幸いです。

おかげさまで年末にリリースしたデュアルセンターパイプが好評でこの月は生産が追いつかない状況になっています。すでに装着頂いたユーザーにはトルクの大きな変化に高評価を得ています。興味のある方はご相談下さい。
対象車種
フォレスタ
レガシィ
B-4
レヴォーグ
WRX S4
上記の2.0LDITターボ車

https://resultmagic.blogspot.jp/2017/11/wrx-s4.html

12/27/2017

トヨタエスティマ2.4L

3.5LはアルファードやマークXで情報を掲示していますが今回は2.4Lについてデータを公開します。
ESTIMA/PREVIA (XR50) / 2.4L 16V VVT-i 123kW/165HP
Connection Mode: (36) MOTOROLA_HC16
Micro: (59) 76F0038AGD
ExtFlash:
Eeprom: Present
Plugin Identified: NO
Plugin: [P838]  DENSO 275036-2540 Toyota
Customer Name:
Vehicle:  
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.:
Software Nr.: 89663-28622-   
Software Upgrade Nr.: 32862200
Chassis Number:
一番苦労したのはスピードリミッタの解除です。3.5Lとパターンが異なり探し出すのに数時間パソコンとにらめっこが数日ありました。リミッタ値が数種類あったのはびっくりです。何故に2.4Lはこんなややこしくしてあるのか?!
パフォーマンスのパターンは3.5Lとにています。




一番下のMAPが2.4Lのパフォーマンスを上げるのに一番重要なMAPです。これの理解がないと結果が出ませんし体感は出来ません。

MB ML63AMG

M CLASS W164 / ML63 AMG 6.2L V8 32V 375kW/503HP
Connection Mode: (1) MOTOROLA_MPC500
Micro: (3) MPC563
ExtFlash: (2) M58BW016DB - ScrambleType: 0
Eeprom: Present
Plugin Identified: YES
Plugin: [P102]  Bosch ME9.7/MED9.7 MEB
Customer Name:
Vehicle:  
Vehicle Licence Plate:
Hardware Nr.: 0034461240
Software Nr.: 0009024201
Software Upgrade Nr.: 0009033800
Chassis Number: WDC○○○○
この当時のAMG63用エンジンの主要データは他の車種と同一になります。ただ、車両重量を考慮すればCクラスやSLクラスとは同一のデータ作りとはいきません。スタート時の動きや踏み替えし時の加速力は他車種よりも考慮する必要があります。
考慮する部分はDBW・要求トルクMAPの変更がメインになります。特にトルクリミッタは大きく解除しておかないと要求トルクMAPとの整合性がとれなくなります。スピードリミッタは今回も500Kmにしておきます。63AMGのパフォーマンスを上げるには変更箇所が多く相当なスキルが必要です。他車で書き換えても全くパフォーマンスが上がらない、かえって下がったと効くのは大半が「ドイツのデータですから大丈夫」と言って売ってるところです。自信があるなら中身を開示すれば良いと思います。少なくともどのアドレスをどう変更してるのかイメージでもユーザーに伝えるべきです。体感もさせず「ドイツのデータですから大丈夫!」「雑誌広告を一杯しているから大丈夫!」で押しつけ販売するメーカーには注意が必要です。





NAのAMGも点火や燃料には一切変更を加えません。車重のあるML63の点火時期を進角させると一発でエマージェンシーに入り点火時期のリタード現象が発生します。未だに点火や燃料MAP変更を自信満々にうたっているメーカーはシーラカンスか全くデータを理解していない証拠です。

スバルDITセンサークレームの時系列内容

2017/12/4
2016年4月の東雲のイベントでVer1.8を施工頂いております。
お問い合わせ内容 :先週ごろから減速からの停止時に回転数が落ち、ひどい場合にはエンストする現象が発生しております。

ディーラーでエラーログ確認やリセットを試みましたが、ECUを書き換えているためディラーの機器では通信できず、一度純正に戻してほしいと言われております。

2017/12/5
本日のお電話含め、いろいろと教えて頂きありがとうございました。

本日の夜にエンジンチェックランプが点灯し、Sモード固定となりました。お電話でお聞きしたS4の方の症状と同じかと思います。

今のままでSAB○○まで運転するのはリスクがあると思いますので、できれば名古屋近郷のディーラーでフォルトコードの消去だけでも行いたいと思います。
お電話でお聞きしたスバルディーラーを教えて頂けませんか?当方のディーラーへ携帯機タイプの診断機を貸していただけないか相談してみたいと思います。

なお、無知で申し訳ないのですが、チェックランプ点灯のフォルトコードはバッテリー外しのリセットでも消去されず、診断機経由でフラグを落とすほか方法は無いのでしょうか?
AS:簡易タイプの自己診断機で消せると提案

2017/12/6
アドバイスありがとうございます。

情報がすべてお伝えできておらず申し訳ございません。
ディーラーで診断機の件を言われた際にスロットル清掃は行っておりますが、症状は改善しませんでした。

ブローオフは○○製交換をしているため、一度確認してみます。


なお、町のモータースの知人に事情を話し、市販機での接続を行いエラーコードの確認とフォルトの消去を行いました。エラーコード自体はメモを忘れてしまったのですが、
”燃料が濃い”という内容との事でした。
知人いわくO2センサーか燃料センサーの異常との事ですが、その場ではそれ以上の追跡はできず、後日となりました。

帰り道にフォルトは再発しませんでしたが、低速走行でぎくしゃくした加速をしている為、何からの異常は抱えたままかと思います。
ご紹介頂いたスバル○○も当家から距離があるため、まずは地元で治そうかと思いますので、週末の○○も見送らせて頂きます。

完全に治ったあかつきにはVerUpに伺おうと思いますのでよろしくお願い致します。

2017/12/27
○○のオートバックスではお世話になりました。
帰り道の高速乗った直後にチェックランプ点灯となった為、VerVSを堪能することなく大人しく運転し、地元のモータースに入院となりました。

エラーコードや排ガスチェックなどを行い、O2ではなくA/Fセンサーの異常との判断から、A/Fの交換となりました。
交換後しばらくは異常状態の燃調を引きずっていたようで、不安定な挙動がありましたがその後の補正で完治となりました。

燃料リッチが出ていた時は燃費が5km/Lに悪化していたので踏み込むことが出来ませんでしたが、今はVerVSを堪能しています。

インプレについては多数の方が寄稿されているようなので、私は遠慮させて頂きますが、入れてよかった!の一言です。

ありがとうございました。

スバルのA/Fセンサーは他メーカーに比べ経年劣化が早いように思います。問題は過去ブログ、上記内容のように状態によってはA/Fセンサでフォルトが点灯すると走行不能になるのです。出来ればオークションで簡易型の安価な診断機があります。工具の一部という考え方で所有されることを提案します。
DITは排気温度が高いためA/Fセンサーへの攻撃性が高いと思います。完全な対策になるとは思いませんが当社のO2フォルトアダプタは経年劣化を長引かせる事に有効かと思います。スポーツ触媒装着車は空燃比補正値も狂う可能性があるので異常時や違和感を感じた時はセンサー交換とともにO2フォルトアダプタを装着されてはいかがでしょう。

http://www.sow-vino.co.jp/gallery/gallery_list-3063-15160-1.html

595 COMPETIZIONE インプレッション

昨日ご丁寧なインプレッションを頂きました。ユーザーには感謝感謝です。内容は以下原文です。

「しばらく使ってみてからの感想です。

先日はアバルト595competizioneMDEチューニングありがとうございます。
非常に楽しいクルマになりましたヽ(゜∀゜ )
帰り道が1時間半の高速だったので、スポーツモードでもいろいろ試してみたんですが、混んでなくて一定速度で巡行すれば、スポーツモードでも燃費がいいことがわかりました。

あと後日、クローズドコースでテストを行いましたがうまく繋げば270までは確認しました。ストレートがもう少しあれば300いけるんじゃないかと思います。

GSで満タンにしたあと、ノーマルモードで通常通りの運転をおこなったところ、トルクや回転のあがる速度が上がってますが、ブーストスイッチさえ踏まなければ、今まで通りの燃費でした。素晴らしい(*゜ー゜)

あとMDEチューニングをおこなうとうるさくなる(マフラーの音質変化)という噂ですが、納得しました。3000回転を簡単に超えてしまうためモンツォマフラーが本気モードになってしまいうるさくなるようですね。これは、それだけMDEチューニングが
うまくいってる証拠でもありますので、やむなしですね♪繊細なアクセルタッチさえできれば問題なしです。

私は毎日、通勤で高速を使ってるので、通勤がとても楽しくなりました。より一層、覆面を気をつけないといけなくなりましたがw

現在、ご推薦いただいたブレーキ&エアフィルターを注文中です。
たしかに今までよりも簡単に速度があがるのでブレーキの制動距離が伸びているのを感じましたので必要さを感じました。

あ、ブログ拝見しました。あれって、私が施行していただいた日の話ですよね。
たしか、あとにアバルト500がひかえてたので勉強になりました。

また、あらたなバージョンアップなどありましたらお願いいたします。

余談ですが、近くにあの日の出来事を、私視点のブログで公開予定です。」

この車輌は1400ccです。DMEで2.0Lクラスのターボ車をも凌ぐパフォーマンスが得られます。DMEで本物の名に恥じないABARTHに仕上げませんか?