result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

8/27/2016

PORSCHE996 CARRERA3.4L

Brand file derivation: PORSCHE
Model file derivation: 996
Type of file derivation: 3.4L CARRERA 221kW / 296HP M5.2.2
the derivation of the file protocol: FLASH_0080 PORSCHE M5.2.2
Hardware number: 0261204605
Software Number: 1037357099
Data Hardware:
Data Software:
Frame: WP0ZZZ99ZWS604312
Software Version:
Replacement number:
Engine number:
Hardware version:
update software: 0041550737010517

ポルシェはDMEで激変します。ポルシェはDMEのデータでパフォーマンスを封印されています。特にNA車輌はセッティング後にいつも感じていました。補記類のクォリティーも優れておりちゃんとセッティングすればどのNAエンジンでもリッター当たり100Psは十分に狙えると思ってセッティングしています。

ポルシェのDMEを製作する上で非常に重要なデータです。このマップの作り方でパフォーマンスとともにドライバ好みの仕様にも仕上がります。




8/25/2016

インプレッサVAB

S207はECUのデータ上ではどこに違いがあるのか!を公開します。元々VABになってデータも新しく製作されたのかと思ったらGRBのF型とパフォーマンスに関わるデータは全く同じで翌日にチューニングECUが出来上がったという流れがあるがではS207も同じ?なのだろうか!発売されて数台にわたり施工したがやはり高価な限定車だけあってデータも同じではありません。基本情報だけですが異なる部分を記してみます。

まずはブーストマップです。必要があったのかはわかりませんがS207は13x18から15x17に変更されてます。比較して頂くとわかりますがブーストの構成は同じですが値が異なり絶対値はS207の方が高いです。WRXはS207の値でブーストアップになります。これぐらいの値なら燃料や点火は補正範囲ですから更する必要はありません。構成が同じと言ったのはどちらも中間がピークブーストで高回転はブーストが垂れるという作り方です。




要求トルクマップです。大きく差があります。マップのイメージはにていますが絶対値に大きく差があります。すべてのパフォーマンス変更には一番に変更する必要がありますし一番変更に気を遣います。このマップが攻略できるかがチューナーのスキルに繋がり楽しいインプレッサになるかに関わります。




点火時期マップです。22x18・23x18とサイズに違いはありますがデータに係数をかけて考察するとブーストに違いがあってもほぼ同じ点火時期でコントロールされています。




燃料マップが特筆事項になります。マップサイズの違いではなくいS207の方がブースト値が高いのに燃料マップは薄いのです。同一インジェクターですからマップ上で数値が低ければ空燃比が薄と言うことになります。結論はS207の絶対パワーブーストが少し高く空燃比が薄いという方法で上げていると言うことになります。トルクは要求トルクマップに依存されますからまた意味は違います。



意外なのがiMODEです。S207の方がiMODEは使えない仕様になっています。S・S#も値が低くパフォーマンス度は高いのに乗り味が悪いといったデータになっています。やはり事故率軽減対策データなのかも知れません。




FK2シビックユニット追記

早々のご連絡ありがとうございます
安心しました。
私も又聞きですので詳しい内容はわかりませんが、
ケースが変形して半田部分と接触ときいています。(サーキット走行後)

参考にして下さい。

よくわからない話しですね。基板とケースが接触することなど構造上あり得ないです。外装のケースはアルミダイキャストでちょっとやそっとでそのダイキャストケースが変形するとは考えられません。そこまでの話しになると訳のわからない言い訳で完全に素人がやっていて失敗したから回収しますと言うことの内容に聞こえます。ユニットもベンツに同型・同構造のユニットが搭載されていてエンジンによってはエンジン横、エンジン上などFK2よりも厳しい場所に搭載されているユニットが多くあります。

またご来店時にFK2のユニットをお見せいたします。サーキットごときの熱では変形しないことを確認して下さい。

FK2シビックDME改変について

本日あるユーザーから下記のようなメールを頂き当社は以下の見解を返信しています。

お世話になります
以前FK2のコンピュータチューニングを行って貰った ○○です。
最近FK2友達が何人かできて
色々情報交換している中で
コンピュータチューニング後に熱による変形で半田がショートするトラブルが発生(他社)
で回収になった様ですが
オリエントワークスさんの施工分
大丈夫だと考えておいて良いのでしょうか?
申し訳ありませんが確認お願いします。

以下のような見解と回答しています。

お答えします。
半田がショートする?他社の書き換え状況をユーザーから見せて頂いた事がありますが他社のやり方ではDMEをすべてばらして再度くみ上げるといったやり方ですが半田がショートするような箇所はないように思います。なぜなら輸入車で同一方法のDMEがあり当社もその方法で行っていてもう5年以上いろんな車種を同一で行いましたが半田ショートなどと言うことはないです。発生した事象はDMEや熱の問題ではなくヒューマンエラー(素人作業?)による問題かと思います。
当社はDMEをばらさず全くヒューマンエラーが出ない方法で行っているので万が一熱問題で発生したとしたらそれはボッシュユニットの根本的な問題になると思います。


結論としては当社の書き換え方法では熱により半田クラックが入ると言うことは皆無ですのでご安心下さい。


MB W205 C180

C CLASS W205 / C180 1.6L 16V TURBO 115kW/154HP MED17.7.2

C200よりもecoを強調しMBの世界戦略eco車はこれだ!というのがデータに垣間見られます。時代ですからecoは重要です!しかしあまりにも走りを犠牲にしMB本来の楽しさがが薄れているのではないでしょうか?C200のオーナーも言っておられましたが車輌のデザインよし!内装のクォリティーよし!電子デバイスの使い勝手、便利性よし!ここまで良しなのに走りは日本のストップ&ゴーという環境を無視しすぎではないか!と。
環境性能をよりアップし、ecoにも大きく貢献しながらMBらしい走りを備えたデータ作りが今のチューニングDMEメーカーに必要なのではないでしょうか! 言い聞かせでその場の売り上げ作りに必死なって作り上げているメーカーには環境性能やecoなどは全く無視されていると思います。
施工後数日後に再度施工のお礼の電話をもらえるデータこそ本当のデータではないでしょうか?この施工オーナーからも当日ちょっとした大人の事情があり喜んで頂いたものの詳細にわたるお話が出来ず後日再度お礼のお電話を頂き感謝です。
環境性能やecoユニットとはDITレガシィでブログに記載した車検時にインジェクターのカーボン除去洗浄やNox規定200ppm基準で受けたスバル規定車検がインジェクターは洗浄する必要なし!Nox 値7ppm!が環境性能しいてはecoに繋がるユニットの結果なのです。

W205のC200・180ともDMEのチューニングで納得できるパフォーマンスから走りが得られればすべてに「良し」が付くわけですからすばらしく楽しい車になります。

要求トルクMAPです。モード別に複数面有り様々な状況・条件により切り替わって読み込んでいます。DBWマップとの整合性を取るのが大変で一定のスキルと感性がないと作り上げられません。



ブーストマップです。C200よりも低く全海域でしかフルブーストになりません。下からのブーストの立ち上がりは非常に重要なファクターです。極端に言えば直噴エンジンでブーストが低回転から作り上げられてないデータはインストールする意味がないのです。他社データは全開時のみブーストが上がるデータがインストールされているのが大半です。



DBWマップです。先ほど記したように要求トルクマップとの整合性を徹底的に取ります。ecoといわれるコンフォートモードをスポーツモードのような走りを有しながらオリジナルよりよりecoに仕上げる!結果としてストップ&ゴーが楽しくなるのです。


ニッサンのス現行カイラインが同一エンジン、同一DMEを使用していますがやはり味付けが異なりDBWや要求トルクマップで調整しています。すべてに「良し・楽しい」といえるMBを作り上げましょう。

8/17/2016

BMW E92 320i

the parent process version: 5025-2010
Brand file derivation: BMW
Model file derivation: 3 SERIES E90 / E91 / E92 / E93
Type of file derivation: 320i 2.0L L4 16V 130kW / 174HP MSV80
the derivation of the file protocol: FLASH_0162 BMW SIEMENS MSD80.x / MSD81.x / MSV80.x
Hardware Number: 08672567
Software Number: 08676158

読み出しに60分書き込み3分というユニットです。データは後に記するとしてユーザーのご購入後のインプレッションが届きましたので掲載いたします。ユーザー様には感謝感謝です。

こんにちは。
/12広島からBMW 320NA)でお邪魔しました○○です。
この度はありがとうございました。結論ですが非常に満足しています。
ECUチューニング直後の近所の試乗では成果少ししかわかりませんでしたが1000kmあれから高速と峠、市内を走りました感想です。
エンジン本当に6気筒になったみたいななめらかさ、トルクの増大(排気量上がったみたいな)、あとレブリミットまでのエンジン回転の速さ、エンジン音がレーシングサウンドに変わるうれしいお楽しみ付きで、本当かなり体感できるレベルで上がっていました。友人のGOLF7GTiを余裕で追っかけれました(笑)友人も資金ためてチューニングしようかと真剣に悩んでいました。NAでもこんなに変わるんだと実感しました。改めてECUチューニングのすごさと自分の車の価値がわかりました。まだまだ長く乗って行こうと思います。」


320iのデータは何気にM3よりもデータが複雑で大半の輸入車メーカーのデータはほぼ費用対効果のないデータになると思います。事実、他社データで全くといって良いほど何も変更されていないデータを確認しています。安かろう何もしてなかろうならまだ許せる余地はありますが高かろう何もしてなかろうは詐欺に近くそういったメーカーほど本人に体感させずスタッフに体感させ「変わりました、危ないくらい早いです!」などと言い切ってユーザーを納得させる。凄い業界です。変わったをいうのはユーザーで費用対効果を感じるのもユーザーです。

DBW・要求トルクMAPです。非常に重要なMAPですがこれ以外に320i固有のパフォーマンスが上がるMAPがあります。




8/16/2016

今週のイベント

今週末8/20・21は福岡のワイズバーンでイベントです。

九州地区のFK2シビックのユーザー様お待たせしました。RESULT MAGICパフォーマンスデータが体感できます。すでにご予約頂いておられるユーザーには感謝感謝です。

お暑い中になりそうですがどしどしご参加頂ければと思います。