result DME

result DME
RESULT MAGICはecoにも貢献します。RESULT MAGICへはイメージをクリック願います。RESULT MAGIC contributes to eco. Please click the image to RESULT MAGIC.

12/08/2016

FK2シビックVersion2の製作

沢山のユーザーに当社のRESULT MAGICを導入頂き感謝しております。サーキットシチュエーションを含め色々なステージで好評を頂いております。そんな中でより楽しいFK2は可能かと言われ要望にお応えする方向でバージョンアップを製作することになりました。従来データよりもよりコンフォート・Rモードともスロットルのピックアップを増し要求トルクのMAPをすべて見直しパワーも重要ですがトルクの立ち上がり絶対値の向上をコンセプトに見直します。このデータを生かすためにはエレメントの交換は推奨します。パーシャル領域からのブーストの立ち上がりをより引き上げるためには純正エレメントでは吸気抵抗が大きいと思います。ブーストMAPの変更も見直します。絶対値は現状データから引き上がりませんが立ち上がりは変更可能かと思っています。重ねて今回は大幅に点火時期を変更します。ご存じの通りオリジナルのデータはレギュラーガソリンでも使用出来るデータ作りがなされていますので日本の高品質ハイオクガソリン仕様に変更します。これにより最大ブースト時の絶対パワーも引き上がります。曲がるという問題がよりクローズアップされるかも知れませんが余裕と感じるパワーとトルクはより楽しいFK2シビック作りに貢献してくれると思います。






12/07/2016

MPISの効果

S2000(AP2)ユーザーで詳細なインプレッションを頂きましたのでご報告させて頂きます。MPISは他社ユニットやオリジナルユニットでも効果は明確に体感できます。へたすると他社ユニットとの組み合わせよりもオリジナルユニットとの組み合わせの方が費用対効果が高いと思います。内容は原文通りです。詳細なインプレッションを頂いたユーザーには感謝感謝です。このユーザーはRESULT MAGICもご検討頂くことになりました。RESULT MAGICでより楽しくなるS2000を体感頂ければと思います。

「先日はありがとうございました。
無事取り付けして、変化を楽しんでいます。
ちなみに質問があるのですが、
プラズマダイレクトとの併用は問題ないでしょうか?
(プラグの寿命はさらに縮むとは思いますが気にしません)

次回の東雲のイベントにいけたら
ECUも体感してみたいと思います。
低中回転のトルクがアップしてよりフラットな加速、
軽く転がるような、エンジン自体が回りたがるような
フィーリングが好みです。伊豆の峠がメインなので、
rev80008500も回れば十分です。


●以下MPISの感想です

ホンダS2000(AP2) タイプS
エキマニ・マフラー(podio)
触媒 スポーツキャタライザー(たぶんアミューズ製)
吸気系統ノーマル
ECUは○○ロムと聞いていますが不明です。
(中古で購入のため)
スロットルコンピューター装着(メーカー忘れました)
エンジンオイルはニューテックNC-40

MPIS着けて400キロほど走りました。
つけてすぐはエンジンの振動の軽減をすぐに感じて
シフトも入りやすくなりました。
またエンブレがやや弱くなるのも実感。
ちょっと走るとミッションから振動を感じることがありましたが
学習がある程度進む300キロまでは乗ってみようと
思い乗り続け、200キロぐらい走ったところで
休憩し、再度エンジンをかけたら、
学習が進んだのか、ふけ上がりの良さと
排気音が少し高くなったのを感じました。

実際走ってみると、ミッションから感じていた振動はなくなり、
エンジンの抵抗感が減少したような感じで、
私の好きな回りたがるエンジン(フルバランスしたようなエンジン)に近くなり、
特に中高速では、伸びやかでフラットですが、力強いトルクある加速
になりました。排気行程でもう一度点火されることのメリットなのか
詳しくは分かりませんが、軽く後ろ髪引かれていた抵抗から
開放されてスッと前に出やすくなったような印象です。
昔乗っていたAP1のフルバランスしたエンジン
を思い出しました。ECUでさらに良くなるのであれば
検討したいと思います。」

マークX開発開始

マークXは対応表には記載されていませんがユニットを確認したところISFと同一ベース基板であることが判明!マイコンの基本品番も同じで(メモリーの容量に差異はあるが)ソフトのバージョンアップにより近日中には発売可能であることが判明しました。



対応出来るようになってわかったこと・・

あるTOYOTAチューニングメーカーのデータを読み出しました。(読み出さないとこちら側のデータに変更できないので)オリジナルデータと比較すると結論はスロットルコントローラーが入ったリミッターカットデータであることが判明。併せて非常に不思議なことを発見!通常オリジナルECUにインストールされているデータには必ず「チェックサムプログラム」がありデータを変更する度に対応したソフトでチェックサムの整合性を取ってからインストールします。この作業を怠るとエンジンが始動しないとか始動はするがエンジンチェックランプが点灯したままになるといったトラブルを生じます。しかし読み出したデータは何とチェックサムプログラムが無いのです。要するにこのデータをベースに使用すればチェックサムの整合性を取らなくてもいいのです。このメリットは大きく読み書きが出来れば特殊な整合性を取るソフトが必要なくなります。
このデータの出元は間違いなくメーカーです。(メーカー系列のデータにはよくあることです。)しかしインストールしたショップはこのことも知らないしデータの中身も全く理解していません。故にユーザーがほぼ変化がない、パフォーマンスが上がっていないとクレームを言っても自分のところでは対応できないため1ヶ月車を預からないと出来ないとか言われるのです。
スピードリミッターが切れてトラブルのでないスロコン仕様で良いのならこのユニットでも有りかも知れませんが費用対効果や後々の対応なども考慮すると決して納得できる物では無いと思います。

今回読み出したデータの仕様書に当たります。Software Numberでみれば53G80がありますからベースデータも少し古いのでは?


重要なアドレスは何も変更されていません。このデータでプロドライバーが高い評価をしたのならそのドライバーは金で言ったか全く感性のない度素人ドライバーだと思います。ユーザーはプロドライバーの評価も購入の参考にします。お金で評価したのではなく感性で評価したのだとしたらこのデータを高く評価したことは自分のスキルのなさを反省するべきです。



ユーザーは見えない物にお金を出して頂けるのです。最低限どんなデータをインストールしたのかユーザーの評価に対応出来ているデータなのかを理解してから売るべきです。ブランドで売るにしてもある程度中身の理解をして売るべきではないでしょうか!?

12/05/2016

今週のイベント

今週末の12/10・11はワイズバーンです。

新車種対応ではTOYOTAのフラッシュが製作可能となりました。すでにご予約頂いておられるユーザーには感謝です。

TOYOTAについては適応表意外でも当日対応出来る車種が相当数あります。ご相談ください。

スバルはDITの対応で最新のリプロで製作可能です。好評頂いているSJGフォレスタのD型もすでに対応しております。

どしどしご参加ください。


11/22/2016

TOYOTA・LEXUS ECUチューニング発売開始準備完了!

ツールもすべて揃い本日からTOYOTA・LEXUSのフラッシュECUのRESULT MAGIC発売を開始します。
車種的には少し前の車輌になっていますが現行車種の開発も並行して始めていますのでご期待ください。

では日本で初公開だと思います。LEXUS ISFのロム内のデータです。









表記されているMAPの内容はすべて理解しています。他社に情報を知られたくないので内緒です。今までTOYOTAやLEXUSのユニットは施工してもほとんど変化、費用対効果が得られないと言われていましたがそれは中身を理解せず中身もわからずあるデータ元のデータをインストールしていただけですからそういった結果が出ても仕方がないのです。当社は違います!他社と横並びではありません。独自のルートでインターフェイスやツールを入手し内部のパラメーターも理解しながらチューニングするので他社よりは施工する側にデータの理解が有り費用対効果も感じて頂けると思います。
これからやっとTOYOTAもLEXUSも楽しい車の仲間になっていきます。より楽しいTOYOTA・LEXUSを望んでおられるユーザーはお問い合わせください。

車種適応も適応表にない車輌も製作の可能性がありますのでご相談ください。

11/19/2016

AUDI RS5

DMEユニットはRS5 (8T) / 4.2L V8 FSI 331kW/444HP MED17.1.1になります。



やはりオリジナルは444Psあるとは言えアクセルの遅れが大きくハーフスロットルからのフル加速時に一瞬だが加速にもたつきを感じるとのこと。レーシング時ももっさり感が大きく踏み返しのつきは納得のいく感はない。
性能で見ればBMWのM3をも超えるパフォーマンスを有しているのにスポーティー感はない。Rの紋章に恥じないNAエンジンに仕上げていきます。

トルクリミッターです。各回転ごと、各スロットルポジションごとにリミッター制御されています。


要求トルクです。リミッターを解放後にDBWと併せ詳細に変更します。


M3に負けないレスポンスを得るには重要なMAPです。よりスポーティーなエンジンに仕上げ「R」を誇れる仕様に仕上げます。


基本スロットルMAPです。DBWMAPとの関係性が強くデータ変更には気を遣います。


点火時期MAPです。データ的にはハイオクオンリーになります。日本のレギュラーはかろうじてだと思いますが国によってはガソリンで大きくリタードが掛かる可能性があります。


これがリタード制御の基本となるノック制御のパラメーターです。ノックセンサーからの出力電圧によりリタード制御が掛かります。複数面有り多面的にエンジン状態をチェックしています。リタード時の間引き度数は15度くらいが基本になります。